代替医療、自然療法、予防医学情報局
Naotta !

ホーム < 戻る
各記事へ
0号1号2号3号
アンチエイジング
アクセス・キーワード
コーヒー・ブレーク
関連ニュース
News de Naotta!
関連サイト
Navi de Naotta! (サーチ)



サメの生肝油でガンを兵糧攻め

血球変形能向上で血流が5分で改善

サメの軟骨、スクワレンなどサメが原料となる免疫活性成分は数多く発見されている。
なかには抗ガン剤開発に利用され、臨床実験にまでいたった成分もある。
このサメ由来の成分のうち、新たに注目されてきたのが「スクアラミン」だ。
血管新生を阻害する作用をもつことから、
アメリカでは抗ガン剤開発がスタートしている。
スクアラミンはサメの肝油に含まれていることから、
日本では製法で採取されたサメの正肝油を使った実験を福岡大学医学部がおこない、
「赤血球変形能に明らかな改善がみられた」と発表。
つまり、血液が「ドロドロ」から「サラサラ」になったという意味だ。
漁師たちが"飲んでよし、塗ってよし"の万能薬として使っていた「サメの正肝油」は深海の万能薬になりうるのか。

 サメの肝臓から絞られる「生肝油」がなぜ注目されているのか。それは抗ガン剤をはじめとする新薬開発の現場が地上から海洋へ移行しつつあることが大きな要因である。地上の植物に含まれる成分から開発された薬は枚挙にいとまがないが、ガンなどの病気に対しては特効薬がまだ見つかっていない。それならば、と目を向けられたのが手つかずの"海"である。

 では、なぜサメなのか。それは「サメは.ガンにならない」という事実が明らかになったからである。研究を進めたアメリカの免疫学者であるマイケル・ザスロフ博士は、"細菌のスープ"と言っても過言ではない海に生息するサメがガンにならない理由をつきとめる最初の段階で大きな疑問をいだいた。

「通常、動物は脊髄で作られる免疫細胞によって、病原菌などの外敵から身を守っているのですが、サメの骨格は軟骨でできているため、免疫細胞を作ることができません。免疫細胞がなければガン細胞はおろか単なる病原菌にすら身体を胃されてしまうのです」

 そこでザスロフ博士は1988年からサメの身体構造とすべての臓器に含まれる成分を徹底的に研究。約5年の研究の末、サメの肝臓に含まれる物質が強力な殺菌作用をもつことをつきとめた。これが「スクアラミン」だったのだ。さらに'研究を進めるなかで、強力な抗ガン作用をもつことも発見。しかも、正常な細胞を傷つけずに、ガン細胞だけを消滅させるという特殊な作用をもっていることを確認したのだ。


スクアラミンの抗ガンシステムは"兵糧攻め"だった

 ガン細胞は1ミリ以上のかたまりになると、そのままでは成長、増殖に必要な栄養素、酸素をガン内部にまで取り込むことができなくなる。そこで栄養素、酸素を運ぶパイプラインとなる新しい血管を誘引するのだ。これが「血管新生」という現象である。ザスロフ博士は「スクアラミン」を投与されたガン細胞は、この異常な血管新生が起こらないことを発見した。血管新生をおこなえないガン細胞は栄養を絶たれ、徐々に自滅するのである。スクアラミンはいわばガンを"兵糧攻め"にしているといえる。

 これまでのガン治療ではガン細胞を攻撃するだけでなく、正常な細胞も傷つけてしまう。その影響は患者の身体に大きな負担となってあらわれる。一般的に副作用といわれるものだ。しかし、ガン細胞に栄養、酸素を供給する血管新生を阻害できれば、ガン細胞を自滅させることができ、正常な細胞には影響を及ぼさずに治療をおこなえる可能性があるわけだ。血管新生はガン細胞特有の異常な現象といっても過言ではないので、ガン細胞を限定して自滅へ導き、血管新生が起こらなければ転移もおこらないため、外科手術も効果的になるであろう。

 ザスロフ博士の研究が進むと同時に『ニューヨークタイムズ』誌がスクアラミンの動物実験を取り上げ「深海ザメの肝臓成分には既存の抗生物質のなかでも最強のものと同等の力がある」と発表した。それをきっかけに世界中の医学会で注目されるようになった。

 現在、アメリカ・テキサス州のサンアントニオ・ガン研究センターにおいて、"副作用のほとんどない抗ガン剤"を開発するために、スクアラミンの臨床試験をおこなっている。あと数年で抗ガン剤として認可される段階にきている。抗ガン剤開発に必要な臨床試験を通じて、明らかになってきたのは、アメリカのジョンズホプキンス大学・腫瘍学部長であるヘンリーベルム博士が『Cance rReserch』というガン専門誌で発表しているように、「スクアラミンはガンの増殖を劇的に抑制する」だけでなく、「抗労ン剤投与にともなう激しい嘔吐、下痢、脱毛、白血球の減少といった副作用がみられないこと」である。


サメの肝油成分は血液も改善

 スクアラミンはサメの肝油成分のひとつとして注目されているが、それ以外の有効成分も見逃せない。すでに研究されているスクワレン、白血球の生産に不可欠なアルキルグリセロール、中性脂肪を減らすオメガ3系脂肪酸、ビタミン、ミネラル…。なかでも注目したいのが「炭素鎖27」という成分である。この成分は「赤血球変形能」、つまり赤血球がスムースに毛細血管を流れるようにする能力で、血流を活性化するのに必要となる。実際に福岡大学医学部第5内科の臨床医がおこなった実験では「赤血球変形能に明らかな改善を認めた」と発表している。これはわかりやすくいえば、ドロドロの血液がサラサラに変化したことを意味している。

 実験の1例を挙げると次の通りだ。

 60歳の男性歯科医にサメの生肝油をそのまま飲んでもらい、服用前に撮影した赤血球の写真と服用5分後の写真を比較(写真1、2)。肝油を飲む前は血球が折り重なるようにくっつき、血流が滞っていたが、肝油を飲んで5分足らずで血球が分離し、明らかに血流が改善された。
「これほど短時間で血流が改善される例は初めてのことであり、自ら使ってみたい」と臨床医がサメの生肝油に興味を示している。

>>

◆スポンサードリンク

Google



※ご利用に際して

当情報は 2000年の春〜秋に発行された雑誌「Naotta!」の各記事を元に編集されております。そのため、時間経過による変更などが含まれることから、情報の正確性などについて保証致しかねます。当時の参考資料としてご参照いただければ幸いです。
また、ご利用により生じたトラブル等に関してもコスモスは一切責任を負いません。
当該情報に関してのお問い合わせにも応じかねますので、どうかご了承下さい。

Copyright(C) 2001 COSMOS.inc All RightsReserved


□美容/健康/若返りナビ
若返りネット


■スポンサードリンク

■Books
(キーワード検索)

代替医療、自然療法、予防医学情報局